糖尿病は治療だけではなく自分次第でコントロールができる

男性医師

高齢者に最も多い病気

シニア女性

胆管がんを患ってしまう人の多くは男性であるといわれており、女性に多いのは胆嚢がんのようです。胆管がんや胆嚢がんは、70代にもっとも多く年齢による免疫力の低下によるものでもあると考えられています。しかし、免疫力が高いからといって胆管がんや胆嚢がんにかからないという訳ではありません。きちんと定期的にがん検診を行って胆管がんや胆嚢がんにかからないようにする必要があります。胆管がんや胆嚢がんにかかってしまうと、どんなに小さなものでも黄疸ができるようになっています。黄疸が発祥すると、身体の表面にある皮膚や眼球の白い部分が黄色くなってくるのです。また、尿も茶色くにごったような色に変わってしまい、便も白くなります。他にも、全身に痒みが発祥してしまうようなので、こういった症状が少しでもある場合は、直ぐに病院に行って診察を受けるようにしましょう。しかし、胆管がんや胆嚢がんは発祥しても上記で説明した症状が発祥するのがとても遅いため、気づいた時にはがんが大きくなってしまっている場合があります。症状が酷い場合は、みぞおちから右上腹部に痛みや食欲不振、体重減少といった症状が発生するともいわれていますので、注意をしななければなりません。胆管がんだけではなく胆嚢がんも同じですが、治療を行なうにはかなり高い技術が必要となってきます。黄疸をキレイに改善できなければ、手術だけではなく抗がん剤の治療でさえもできなくなってしまいます。症状によって異なってきますので、担当の医師ときちんと相談をするようにしましょう。